なぜ人気があるのか

先生

最近の英会話教室は、月謝制を採用しているところが多いですが、月謝制の英会話教室は非常に人気があります。一昔前ならば、月謝を支払っても振り返授業ができないところもたくさんいました。例えば、会社員で英会話教室に通っている場合仕事が終わった後に通うことになるはずです。この場合、会社が早めに終わればよいですが、残業してしまうと通常の時間に間に合わないことがあるでしょう。この場合、振替授業を受けることができずそのままお金が無駄になってしまうこともありました。ですが最近は、振替授業を受けるところが増えてきています。ただ、お金が戻ってくることはあまりあり得ません。なぜなら、お金を戻すときの手続きが面倒で計算を間違えてしまう可能性もあるからです。

どのような仕組みになっているか

月謝制の英会話教室の仕組みですが、月謝制の場合は月に4回通うようにしているところが多いです。例えば、毎週一回ずつくると毎月4回通うことになりえるでしょう。ただ、カレンダーを見てもらうとわかりますが、その月は木曜日が5回あるようなこともあります。この場合、5回授業をすることができるかといえば普通はできないものです。仮に木曜日に授業をとっていたとしても、どれか1日だけ休みにする可能性が高いです。例えば、第5週目の木曜日がある場合には第5週目を完全に休みにしてしまうことで、どの月も週4回ずつ通うことができるようになります。このような仕組みを採用している場合には、休みの日に間違えて通わないようにしましょう。

講師は休んだ時はどうするか

英会話が月謝制になっている場合には、必ず決まった回数だけ通うことになります。生徒が休みの場合には、振り替えにしてくれるところもありますが、講師が休んだ場合はどうしたらよいでしょうか。これに関しては、代わりの講師が授業をしてくれる可能性もあります。あるいは、事前に休むとわかっている場合には別の日に振り替えて授業を行う可能性もあります。ただこの場合だと、特定の曜日しか通うことが出来ない人からすれば無理な振り替えといえるでしょう。そのため、たいていの英会話教室では別の講師が変わって行うことにより、授業を円滑に進めていくわけです。そうだとすれば、講師の評判なども事前によく聞いておいた方がよいでしょう。よく休む講師の場合には、あえてその講師を選ばないようにすることも可能です。このような話は、事前に口コミなどを見ておくとよいです。また、直接英会話教室に尋ねるのも一つの方法になります。

広告募集中